あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもほとんどありません。 前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。 現在、イ[…]

インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。 切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。 麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。 頓服の痛み止めが処方されるため我[…]

卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも大事な栄養素が含まれていますから、摂取が推奨されます。 しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的です。 逆に、妊娠を[…]

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。 これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラン[…]

腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。 歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすな[…]

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。 その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこと[…]

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。 いろいろなデータの中でも重要なのは[…]

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。 ブリッジや入れ歯との根本的な違いとして、インプラントは人工歯根とあごの骨がしっ[…]

インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。 でも、気にしなくて良いです。 MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応な[…]

この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。 それでは、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が無くても良いのでしょうか。 妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が[…]