インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。
切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて埋入手術を始めるためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に金属製の人工歯根を埋め込み、そして専用のパーツを用いて義歯を固定するという手術です。
旧来の入れ歯と比べた場合、綺麗な見た目に仕上がりますし、食べ物も噛みやすいのです。
インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の洗練されたセンスとスキルが必要不可欠と言っても過言ではありません。
高価な資材や長い時間をかけた丁寧な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にもぴったりくるのはインプラントです。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに人工歯をつけるため、保険適用の入れ歯よりもお高くなりますが見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
これからインプラント治療を始めようと決めても、治療にかかる費用は気がかりでしょう。
現実には、治療費といっても統一されておらず、歯科医院によって差があると考えるべきです。
なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
それでも、相場はあると言えます。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的です。
数々のインプラント治療の問題点について、様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
それは気にしないでください。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。
インプラントには主にチタンが使われており、磁気に反応しない性質を持っていてMRI検査への影響はありません。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は無視できないものがあります。
一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することがその後の治療に関わる重要な問題です。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質はかなりマイナスに作用します。
快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はしっかり禁煙するべきでしょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールは欠かせませんし、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが、インプラント維持のために必要です。
人工物のインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯周病になることは珍しくありません。
最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。
参考:歯を白くする方法は良い歯磨き粉を使う事です