あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も義歯に見えない自然さでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもほとんどありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
金属の中では、骨との親和性が高い方で身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。
地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費は相当変わってくるので、治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、治療を始めても、決して遅くありません。
忘れないで欲しいのはインプラント治療経験者の口コミです。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。
ごくまれに、インプラント治療が保険適用されることもありますが、普通のケースではまず適用されずほとんど全て自費診療だというのが費用を押し上げる最大の原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、難しいケースでは費用が数倍にもなる可能性があることを重々承知しておいてください。
最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に口の臭いが気になるようになったケースがたまにあるということです。
そうなる理由として、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している場合もあり、単なる口臭と侮れません。
自分もそうかも、と思った方は、放っておかずに診察を受けてください。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険がきかない理由ははっきりしています。
この人工歯治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて手間がかかるとともに、設備や技術が求められ、どこでもできる治療ではないからです。
あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
治療の一部を保険適用にするだけでも、医療費のさらなる増大を招くので、適用拡大の見込みはありません。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。
痛み止めの薬などを服用して、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みの治まる気配がないときは、直ちに歯科で診てもらってください。
インプラントの特徴として虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。
インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスが必ず求められます。
もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
さらに深いところまで感染する可能性もあるため一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。
痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
あわせて読むとおすすめなサイト⇒ホワイトニング 効果 実感