差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとして残すことができれば上からすっぽりとクラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは虫歯や歯周病、外傷などで失った歯の代用となる人工歯のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば人工歯根を骨に埋め込むことによって残った歯と同じような使用感があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
インプラント治療には健康保険が全く適用されないので、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
多くの方にとって、インプラント治療を始めるとき心配なのは、費用の問題も大きいと思います。
おおむね保険適用外で、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても一概に費用を決められませんし、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでもずいぶん費用は変わってきます。
治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。
インプラント治療を始める前に治療費の高さは重要な問題ですね。
この治療の費用は歯科医院や歯科医によって相当な開きがあります。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが相場だと押さえておきましょう。
自費診療なので、インプラント治療にはどのくらいかかるのかわからないという声を聞きますが、インプラント一本を、標準的な治療で入れるなら30万円から40万円でしょう。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても治療費には大きな開きがあります。
治療をはじめる前に費用の見積もりを出してもらい、できるだけ何カ所か比較した後、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。
いろいろなデータの中でも重要なのはインプラント治療経験者の口コミです。
高い費用も、一括払いには限りません。
分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、失った歯だけの治療で済ませたいという患者の希望がある場合です。
ブリッジ治療で考えると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。
部分麻酔を使うため、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらの病気を完全に治すのがとても大事です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もリスクを背負っています。
もちろん、こうした既往症があるだけでインプラント治療ができないわけではないため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
セルフケアを怠ってはなりません。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
よく読まれてるサイト>>>>>歯磨き粉で白い歯を作れるランキングサイトを調べています