腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、結局、治療してみるまで分からないということになります。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、腫れた部位を冷やすなどしても、なお痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。
何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、手入れしながら、長い期間使うことができます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自前の歯と同じレベルの耐久性を保てるというのが多くの意見です。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていればかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを肝に銘じておくべきです。
他の生活習慣と比べても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。
インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。
人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復が治療の一大関門となります。
組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは例外なく阻害する働きをします。
インプラント治療のために何でもできると思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。
埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず異常がなくても維持費は必要になります。
多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医に診てもらうことになります。
この定期検診に必要なお金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの費用を支払うことになります。
インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診が必ず求められます。
ケアが完璧であっても、歯茎の腫れや出血、口臭などの症状があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。
放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療はインプラント以外の治療はできないという方にすすめられる治療なのです。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由で必然的にインプラント治療になる患者さんが多くを占めます。
入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い噛み心地が得られ、きちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。
インプラントの特長として、自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはまた嬉しいですね。
上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。
骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいにしっかりした構造になっています。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント。
その手術とは、歯の土台となるアゴの骨に穴をあけ、フィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛むことができますし、見た目の美しさにも優れています。
この治療法には、歯科医は勿論のこと、インプラントのパーツを作る歯科技工士の熟練の技が物を言うといわれています。
患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術ですが、保険はきかず自由診療なので、治療費は高額になっています。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、また、入れ歯にすること自体が嫌だという方にとってぴったりくるのはインプラントです。
外科的手術によって人工歯根をあごの骨に埋め込み、さらに上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。
参考サイト:歯を白くする方法は歯磨き粉を自宅に居ながらできます