虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば上から冠のような形のクラウンをかぶせる治療ができます。
その一方で、歯を抜いてしまった場合もし、入れ歯を採用しない場合、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。
これからインプラント治療を受ける方にとって重要なのは、歯科医と、歯科医院の決め方です。
特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それはもちろんのこと、どの治療にどれだけ費用がかかるかきちんと説明してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも最終的に歯科医を選ぶ決め手です。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
全ての患者に関わるのは、高額な費用です。
高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。
あとは、治療が失敗したとき、健康被害が起きると、かなり深刻化するデメリットも忘れないでください。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
ただし、これらの既往症があっても絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯の上半分だけが無くなった場合に、残った下半分を利用して義歯を付けるものなのです。
なので、完全に歯を抜いてしまった部分には、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、歯の土台となるあごの骨の中に、フィクスチャーなどと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。
この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、麻酔のために入院することはまずありません。
血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がないケースでは、第一に骨を形成しなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。
保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、コストがかかり、設備や技術も要するからです。
インプラントを埋め込む手術前後の処置や、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるのでトータルの治療費用は高額になってきます。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、プラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが欠かせません。
どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスは自分の歯より楽と考えてはいけません。
小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。
自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
続きはこちら>>>>>歯のホワイトニング専用の歯磨き粉