インプラント治療の問題点を様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査の画像は、磁気を当てたときの身体各部の反応なので身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。
インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。
普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、高額の負担が重くのしかかる方も多いのが当然です。
それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める融通の利く歯科医院が多くなりました。
全ての費用を現金一括払いできなくても、自分が希望する治療を始めることはできるケースが増えました。
今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。
特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。
そして、治療終了後のメンテナンスを定期的に行っていくことで、安全で、快適な使用が続くことを期待できます。
どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいてください。
この治療が保険適用になるのはごく少数例で、厳しい条件を満たさなければならず、検査など、治療の一部しか保険がきかないのが高額の負担を強いる原因です。
インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、困難な治療が含まれると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、定期的な検診を欠かさず継続することが必須条件です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、まだ定説になっていませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、ひとたびケアを怠ればインプラントの維持が難しくなってしまうと思ってください。
入れ歯で噛むと食べた気がしない、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、入れ歯よりも見た目の自然さに優り、噛んだ感じが自然なので、食べ物も美味しく食べられます。
何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは何らかの原因によって歯の欠損が生じたとき、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工の歯を作ることだと考えてください。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、治療費がかかってしまうことも知っておきましょう。
大きな効果を得られるインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。
高くついた場合、数十万円にもなるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によっては健康被害が起きると、かなり深刻化するリスクも背負っています。
障害を負うにとどまらず、患者の死亡例も実際にあります。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があっても治療不可と決めつけることはできないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
管理人のお世話になってるサイト⇒歯の汚れが黒くなる様になってしまった