インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、どこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。
この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため成功例ができるだけ多い、なるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも歯科医を決めるためには重要なことです。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。
せっかく埋め込んだインプラントを長く維持できるかは、どうしても自分次第のところがあります。
歯磨きにも正しい仕方があります。
歯科で指導してもらえるはずですから、毎日欠かさず行うようにしましょう。
結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。
さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、異常に気付くのも遅くなります。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くことも十分あり得ます。
北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。
一生使える第二の歯を求めて、そう簡単に断念せず、できるだけ幅広く情報収集することをがんばってみましょう。
インプラントについて、簡単に説明すれば歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる人工歯づくりを指します。
インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。
インプラントだと歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。
なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に、歯周病や顎関節症の既往症があれば、治療開始前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないためまずは歯科医に全て話しておきましょう。
歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
どこの歯科医の手術でも、大して痛くないのが普通です。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術するのが普通だからです。
術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
一本のインプラント治療にかかる費用はトータルで30万円から40万円と考えてください。
地域によって異なりますし、どのような治療を行うかによっても違ってきます。
また歯科医の評判によっても料金はずいぶん違ってきます。
治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して時間をかけて歯科医院を決めた方が絶対に良いです。
ここで重視すべきなのはインプラント治療を受けた方からの評価です。
多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
決定的な違いは、差し歯は自前の歯が残っていなければ使えないことです。
差し歯は、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。
それに対して、インプラントというのは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、アバットメントと呼ばれるパーツで土台と人工歯を接続するものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。
欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を一周削って、上にブリッジをかぶせます。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという辛い面があります。
もっと詳しく調べたい方はこちら>>>>>歯の汚れを取る専用歯磨き粉のサイト