実際に妊娠してからご自身の体や赤ちゃんのために、葉酸を摂るようになった妊婦さんも多いのではないでしょうか。
では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。
胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠している間に絞って摂取をするという方法でも大丈夫です。
ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても体に有益な様々な働きをしてくれます。
中でも身体のバランスを整えるといった働きに葉酸は欠かせませんから、葉酸の摂取を続けることで身体を健康的に保つことをおススメします。
今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。
具体的には、普段の食事に加えてよりたくさんの葉酸を摂るよう厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。
葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。
もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は胎児の安全性を考慮した上で、化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが大事です。
ストレスは不妊と切っても切り離せない問題です。
生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。
また、周囲の期待感や気遣い、時間的制約による焦りが不妊治療という不慣れな状況とあいまって負担になるパターンもあって、堂々巡り的で心理的に参ってしまう人もいます。
神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、大切です。
妊活中の女性に対して、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。
細胞分裂が行われる、妊娠初期に葉酸の補給が不十分になると、神経管閉鎖障害など、重大な障害を引き起こす可能性が高くなるそうなのです。
こうした事を踏まえ、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、食事で摂ることの出来る葉酸が不足しないよう、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。
最近の研究によって、妊娠に重要な栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。
ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、赤ちゃんが神経系障害を発症する可能性が下がるという事が明らかになっています。
厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
野菜の中でも、多くの葉酸が含まれているものは、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといった青菜と呼ばれるものが該当します。
赤ちゃんを授かったあと、早めにこうした食材を食べるようにしましょう。
葉酸は赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減すると知られています。
毎日野菜を食べるのがつらい場合には、他の食材で葉酸を摂取しても良いでしょう。
納豆あるいはホタテなどの貝類からの摂取を勧めたいものです。
妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、葉酸が大切な働きをすることを知っていますか。
赤ちゃんが健やかに育つように、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。
厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。
葉酸は野菜に多く含まれた成分ですが、食事だけで十分かというと難しいと思いますから、葉酸サプリを利用することをお勧めします。
葉酸のサプリは様々にありますが、妊婦や妊活中の女性にとって嬉しい成分がしっかりと含まれているサプリと言えば、ピジョンが出している葉酸サプリが一番おススメですね。
ピジョンの葉酸サプリはいくつかの種類がありますし、大抵の商品が葉酸だけではなく鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠にまとめて詰め込まれています。
これを利用すれば、いちいち複数のサプリを服用しなくても良くなりますし、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。
ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。
妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。
とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠初期の期間には、サプリによって葉酸を摂取することが良いとされています。
では、葉酸サプリはいつ飲むのが効率的なのかというと、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。
通常に食事によって摂取した栄養素との相互作用が働くことで、葉酸が最も効率的に働きますから、十分な効果が期待できます。
一方で、空腹時に葉酸サプリを摂取してしまうと胃腸の不快感、食欲不振や吐き気の等の症状を発症することもあります。
ですからサプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。
ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。
そのため加熱調理してしまうと、大事な葉酸が失われてしまうこともあるんです。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が十分に摂取できていないかもしれませんから、注意してください。
PRサイト:どうして妊婦さんと葉酸が効果的なのか